FC2ブログ
「やだあ、ねえ助けてよ!」
麻理子が2人の男に組み敷かれていく。

だが、俺にはどうすることもできない。
「ほらほら、大人しくしなよ」

角刈りの男が麻理子に覆いかぶさって、豊満な乳房を揉み上げている。
既に角刈り男のペニスが麻理子のマンコの中に挿し込まれていた。
もう一人の男は片手で麻理子の両手首を掴み、自由を奪いつつ豊満な乳を弄っている。

「やだってば!」
麻理子が苦悶の表情で身を捩る度に、豊満すぎるぽちゃぽちゃな肉体が大きく揺れた。
「あんまり五月蠅いと口塞ぐぞ!」
言いなり彼女は性処理道具に…003


「ごめんな、麻理子。こうしないと20万の借金が返せないんだ」
俺は小さな声で呟き、玄関から出て行こうとした。

「ねえ、どこ行くのよぉ、どうなってるの!?」
ドアを閉めようとすると麻理子が叫んだ。

恐らく俺を非難する言葉を発している麻理子の声を消し去るように、急いでドアを閉めて階段を駆け下りた。
近くのコンビニで立ち読みをしながら時間をつぶしていると携帯が鳴った。

「もういいぞ。2人で2回ずつヤッて、その内1回ずつ中出ししたから10万円な。あと10万あるから、もう一回分だな。また連絡するわ。それにしても、抱き心地の良い良いカラダしてるよな。俺たち当分風俗行かないで済むわ。なんなら、俺らが飽きるまで融通してやっても良いぞ。ハハハ。」
それだけ言うと、電話は一方的に切れた。
言いなり彼女は性処理道具に…002

マンションに戻ってみると、麻理子は2人の男に引き倒されたままの格好で、カーペットの上に寝ていた。
まるで死んだように動かない。
麻理子の豊満な乳房は唾液でベトベトになっている。

むき出しになった黒い茂みの下には、白いモノが溢れていた。
僕が近づくと麻理子は慌てて起き上がり、ティッシュを何枚も取って股間に当てた。

「あと何回こんなことがあるの?」
麻理子は涙を拭きながら聞いてきた。

だが、その質問には答えられない。
俺の借金はさらに増えるかもしれないからだ。
仮想通貨なんかやるんじゃなかったと、いまさら後悔しても遅い。
これから麻理子は、最低でもあと1回はあの2人に性処理道具として使われる。それだけは確かだった。

「ゴメンな。麻理子」
髪を撫でてやると、麻理子は堰を切ったように泣き出した。

「あの人たち、コンドーム使ってくれなかったよ。恐いよ私」
麻理子はいつまでも泣いていた。

「カラダ。洗ってやるよ」
麻理子が泣き止むまで待って、手を引いて立ち上がらせた。

「うん」
麻理子が嬉しそうに微笑む。

俺に惚れているこの女は、何でも言いなりだ。
少しくらい怒ってたって、優しい言葉をかければすぐに機嫌が直る。

「よいしょ」
麻理子は前より一段とデブになった。
デブ専の俺としては嬉しい限りだが、床の上に座っていると、立ち上がらせるだけでもひと苦労だ。
麻理子は俺の体にしがみつくようにして立ち上がり、ぽっちゃりした体を摺り寄せてきた。
そのまま横抱きにして風呂場に向かうと、途中でキスを求めてきた。
仕方が無いので唇を合わせると、少し精液の味がした。
『こいつ、嫌だとか言いながら、嵌められながらフェラチオして、口内射精されやがって…』

言いなり彼女は性処理道具に…001
服を脱いで風呂場に入り、シャワーを全開にする。
ボディソープをつけて体を洗ってやると、麻理子はうっとりした表情で俺のペニスを握った。

「ちょっと待ってな。先に体を洗うから」
『他人のザーメンを中出しされたマンコには流石に入れられないだろ!』

「うん」

麻理子が嬉しそうに目を細める。
俺はぽっちゃりした麻理子のカラダを揉みほぐすようにして洗ってやった。
Hカップの豊満な乳を洗うと「ああん」と甘えた声を漏らす。
さらに、巨尻を洗っていると、挿入を強請るように尻を突き出してきた。

巨尻の奥にペニスを当てがい、ゆっくり挿入すると、「あっ」と叫んで麻理子が身を捩る。
すると途端に、そのぽっちゃりしたカラダが大きくのけ反った。

徐々に腰を遣うと「あっ、あっ」と声を漏らし、豊満な乳房が左右に揺れた。
この女は驚くほど感度がいい。
『恐らく、俺が部屋を出てからは、あの二人を相手に感じまくって何度もイッたに違いない。そうで無ければ、あの角刈り男があんなことを言うはずも無く借金の返済にはなっていないだろう。』

すでに、ぽっちゃりしたカラダがブルブル震えていた。
「ああん、あんっ、だめぇ!」

ペニスを激しく突き入れると、麻理子は巨尻を震わせていたが、やがて豊満なカラダ全体を波打たせて絶頂に達した。
風呂から上がると、麻理子が自分から提案してきた。
「○○君。私、あんな風にされるの嫌。妊娠も怖いし…。だから○○君が許してくれるなら、風俗行くよ。だから、もう借金しないで!」

俺は肯定も否定もせず、ジッと麻理子を見つめて、抱き寄せキツく抱きしめた。
にやつく表情を我慢出来なかったのだ。
ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
スポンサーサイト
[PR]

久しぶりに、嫁の由美の実家に泊まったときのことだ。義母と義父、そして由美が近所に買い物に行ったので、誰もいないと思ってオナニーしていると、いきなりドアを開けられてしまった。
驚いて振り返ると、入ってきたのは由美の姉の由佳だった。

「きゃっ、ごめんなさい!」
「いや、いいんだよ」

僕は両手でフル勃起しているペニスを隠しながら答えた。
由佳は一度結婚したが、バツイチになって実家に戻っていた。所謂、出戻りだ。

由美はぽっちゃりとか豊満と言うより「デブ」と言ったほうがピッタリなほどのぽちゃ系だが、姉妹だけに義姉の由佳もそれに負けないくらいのデブで、見るからに豊満な体をしていた。

センズリ姿をデブ女房の義姉に見られて…_01「そういうときは鍵かけなよぉ」
由佳はちょっと笑っていた。
こういうときは笑うしかないものだ。
だが、そんなことは言われなくてもわかっているが、こっちは誰もいないと思ったから鍵をかけなかったのだ。

しかも、こんな格好なのだから早く出て行って欲しいのに、由佳はいつまでも部屋の中をウロウロしている。
「でも、久美がいるのになんで?」
由佳は豊満すぎるカラダを傾けて、不思議そうに僕の顔を覗き込んだ。
「恥ずかしいけどさ、俺たちずっとレスなんだよ」
「そうなんだ。あ、邪魔してごめんね。続きやりなよ」

義姉は思い出したように急いでドアを閉めて、わざとらしく階段をドタドタ駆け下りて行った。
その義姉が戻ってきたのは10分ほどしてからだった。
手には缶ビールを2本持っている。
「よかったら飲む?」
「あ、うん。貰うよ」

僕は缶ビールを受け取った。
さっきのことがあるから何を話していいかわからない。
ところが、
「あれから続きやったの?」
由佳は由美とよく似た性格で、何でもズケズケ聞いてくる。
「いや、もうそんな気分じゃなくなったよ」
「それはよかった」
「よかった?」
「うん」
由佳は缶のビールを一気に半分ほど飲み、一息入れてから僕でも知ってる身の上話を始めた。
「私ってさ、バツイチじゃん」
「ああ、そうだね」
「でさ、もう2年もシテない訳よ」
「あっ、う・うん」
いきなりそんな話を振られも返答に困る。
居酒屋とかならこんな下ネタ話も酒の肴かもしれないが、義姉とする話ではない。
「だから、あんなの見たら欲しくなっちゃって…」
そう言うと由佳は残ったビールを飲み干すと、僕の上に覆いかぶさってきた。
「あっ、ちょっと」
俺はあっさり押し倒されてしまった。
その上に由佳が乗ってくる。

センズリ姿をデブ女房の義姉に見られて…_02「私みたいなデブは嫌い?」
馬乗りになった由佳が囁く。
熱い吐息が頬にかかった。
「いや、そんなことないよ」
由美だってデブだから、本当にデブが嫌いでは無い。って言うかデブ専だ。
僕は自信を持って答えた。
「よかったぁ」
由佳はにっこり微笑んで、服を脱ぎ始めた。
Tシャツを脱ぎ、ブラを取るとHカップくらいありそうな、豊満な乳房がポロンと目の前に飛び出してきた。
由美も胸がデカイが、由佳の方が更にデカかった。



「浩一さんも自分でスルより本物の方が良いでしょ?」
由佳はスカートに手を入れてパンティを引き抜き、ペニスを握って穴の入り口に当てるとゆっくり尻を落とした。
前戯が無くとも十分濡れているのが、亀頭から伝わってきた。
「あうう、あうう」と喘ぎ声を上げながら、由佳が腰を振るたびに豊満な乳房が目の前で踊った。
センズリ姿をデブ女房の義姉に見られて…_03「どお、気持ちいい?」
ドスンドスンと巨尻を落としながら、由佳が聞いてくる。
「ああ、勿論気持ちいいよ」
僕は片手で撓わに実った胸を揉み、もう片方の手で巨尻を撫で回しながら答えた。
二人とも絶頂を迎えようと徐々に高まっていたとき突然ドアが開いた。

「何してるのっ!」
次の瞬間、怒鳴り声が聞こえた。
由美の声だと振り返らないでもわかった。
俺は一瞬で凍りついた。



しかし、由佳はそんな事はお構いなしとばかりに、巨尻を上下に揺さぶりながら
「見てわかなんない?騎乗位よ」
「そう言う事を聞いてるんじゃ無いわよっ!」
俺は由佳の重さに身動きが取れない。しかも、こんな状況にも拘わらず、久々な事もあるのだろうが、それ以上に由佳の肉厚マンコの中は気持ち良すぎて、チンコは硬くなったままだ。
「良いじゃ無い!浩一さんとシテ無いんでしょ?減るモンじゃ無いし…」
「そう言う問題じゃ無いでしょ?」
「そう言う問題よ!浩一さんの立派なモノを一人寂しく扱かせるなんて勿体ないわよ」
「あなたそんなこと…」
「浩一さんだってオトコなのよ。よそに女作ったりせずに扱いてるんなて可哀相でしょ?私もここに戻ってきて遊ぶ相手もいないし、丁度お互いが足りないモノを補うんだから、アンタはつべこべ言わないのっ!」
全く理屈が通らない三段論法だが、由佳の勢いに由美はタジタジである。
「で、でもぉ…。」
「取り敢えず、話は後でするから、今は気が散るから出てって!」
そう言われて由美はドアを閉めて出て行ってしまった。

センズリ姿をデブ女房の義姉に見られて…_04「浩一さん!硬いままなんて凄い!」
「由佳の中が気持ち良くて…」
「嬉しい!イケそう?」
「大丈夫だから中に頂戴!」
「あっ、うん」
俺はもうどうなっても構わない!と覚悟を決め、由佳の上下運動に合わせて、下から突き上げた。
「凄すぎる!逝く!イクゥゥ!」
その声に促されるかのように、熱い迸りを由佳の中に放出した。

で、結論から言うと、由美と離婚して、由佳と再婚した。
殆どは、俺の意思では無く、姉妹と向こうの両親で話し合って、最終的に俺が合意すればと言う条件で、話は付いたらしく向こうの両親に呼ばれて切り出されたのだった。
後日、由佳になぜこんな事になったのかを聞いたら、俺のが大きくて由佳は痛かったらしく、それが原因で次第に夫婦生活を遠ざけてしまったらしい。
一方、由佳は俺のモノが気持ち良くカラダの相性も良いと確信し、まだまだ現役の浩一さんが由美とのレスが原因で離婚に至るのは目に見えていると力説し、早く孫が見たい両親を味方に付けて、最終的には由美を納得させたらしい。
俺の意思は関係ないのか?とは思うが、確かに由佳とのSEXは由美の何倍も気持ち良かったし、オッパイ星人でもあるので否定する要素はそれほど無かった。
まぁ強いて言うなら、センズリなどする暇が無いくらいほぼ毎日求められるのも辛いモノだと思い始めている。
ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
俺は32歳でサラリーマン。嫁は28歳の美咲と言いフルタイムで働くキャリア。
結婚して6年。同居はしていないが車で数分程度のマンションにアラフィフ義母の麻衣48歳と還暦の義父が暮らしている。

義母は保険のセールスレディで、かなりふくよかな身体をしている。
セールスを掛けている見込み客が食い付いてきたら平気で枕営業をすることも厭わないらしく、相当のやり手で営業所では常にトップの成績だそう。
俺も実は義母の枕営業で契約した客で、一人娘の婿として義母に見初められた。
今、嫁と住むマンションも義母の支援で購入したこともあり、俺はそんな義母のアッシー君になる事も多々。
義父がもうすぐ定年を迎えると言うことで、両方のマンションを賃貸に出して、新しく二世帯が暮らせるマンションで同居の話も出始めている。
 
先週の週末。妻とSEXの真っ最中に、義母からのお迎えコールが入った。
不満タラタラの妻だが、金の掛かる事はマンションのみならず、ほぼ義母の世話になっているから、そうそう逆らうわけにもいかない。
で、義母を迎えに行くと…案の定、相当泥水していた。
「遅くに悪かったわね。何してたの?」
「美咲とSEXしてた。」
と返すと、義母は挑発するように酔った豊満な肉体を俺に預けてきた。
重たくて酒臭い義母の腰に手を廻し、引きずるように何とかして車に乗せて実家まで送る。

アラフィフ義母に逆らえない婿_03義父はとっくに寝ている。義夫婦の寝室は別だ。
実家に着いたら着いたで義母はやっぱり歩けないので、仕方なく寝室まで連れて行ってようやくベッドに寝かせた。
普段ならこれで帰れるのだが・・・その日に限っては続きがあった。

「ごめん、ちょっと苦しいから脱がせてくれる?」と義母。
お願いにちょっとギョッとしつつも、上着から順に服を脱がせていく。
ブラとスリップとショーツといった下着姿になると、ふくよかさが良く分かる。
お腹は出ているモノの、かなり大きなバストの谷間に思わず視線が行ってしまった。
『このカラダを抱いたことあるんだなぁ』と考えたが、『いけない、これで帰ろう。』と思った矢先、「もうちょっとお願い!」とさらに義母。
結局全部脱がしてしまった。

「あんたも脱ぎなさい!」
「・・・はい?」
「つべこべ言わないの!」と言われ、ベッドの中に引き込まれてしまった。

その後は、朝まで義母の相手をさせられた。
豊満な肉体の肌のすごいフィット感、巨乳と言うより爆乳と言う表現がピッタリのバストの柔らかさ。
そして肉厚のマンコの気持ちよさに何発も出してしまった。

アラフィフ義母に逆らえない婿_01ちょっと寝てから義母が目を覚ました。
「なんで!?」
自分から脱がせたくせに、側に俺が寝てたのにえらく驚いている。
俺は今までのお返しとばかりに義母に抱きついた。

爆乳を揉みしだき、黒ずんだ乳首を口で愛撫すると、義母も興奮したのか俺の朝起ちチンポを手でしごき出し、俺の耳元でささやいてきた。
「な・め・て・・・」

待ってましたとばかりに69の体勢になり義母の割れ目に舌を這わせる。
義母も俺の朝起ちのチンポを口いっぱいに頬張っている。
割れ目の突起を剥き、吸いながら刺激すると、義母の割れ目から卑猥な匂いを発する淫汁が垂れてきた。
だんだん義母の腰がせわしなく震えてきた。

「ねえ、この青筋が浮き出たあなたのを入れて!」とおねだりする義母にたまらず挿入。
繋がった態勢のまま、布団を頭から被って、義母の喘ぎ声が隣の部屋で寝ている義父に聞こえないようにチンポを激しく出し入れする。
部屋の外はまだ静かだが、義母の寝室には淫汁まみれの肉厚マンコに出入りするチンポの抜き差しで、卑猥な音が響いていた。
やがて我慢できなくなり、義母の肉厚マンコに何度目かの発射。
義母も豊満な肉体がリズミカルに軽く痙攣させながら絶頂を迎えているようだった。

落ち着いたところで、義母に聞いてみた。
「昨夜から4回シタの、覚えてますか?」
「貴方そんなにしたの?」
「お義母さん覚えてないのですか?」
「知らないわよ!」
とキョトンとした義母。

「じゃぁ俺は帰ります。」と服を着て廊下へ。
通り掛けに義父の部屋を覗いてみたが既に居なかった。
と、後ろから義母の呼ぶ声がする。
アラフィフ義母に逆らえない婿_02誰もいないことをいい事に「貞君、まだ出来る?さっき、気持ちよかったから、ね?」と義母は裸にガウンを羽織ったままで廊下に出てきて、その場で俺の着ている服を脱がそうとしてきた。
俺は俺でさっき出したばかりなのに、またもや半立ち。
義母は俺の前にひざまずき手でしごきながら、チンポにしゃぶりついてくる。
しっかり硬くなったチンポを喉の奥まで呑み込み、「こっちにいらっしゃい」と義母。
リビングのソファに俺を座らせて、上からまたがってきた。
すぐさまマンコにチンポの先を擦り付け、そのまま腰を下ろして来た。

義母は顔を真っ赤にしながら腰をグラインドしている。
「貞君、気持ちいい?」と聞きながら、俺の身体に倒れ込むようにのしかかってきた。
結構重たいが、肉厚な感じがたまらない。
何より爆乳がブルンブルン揺れている。

俺も義母のお尻を両手で抱えて、腰を上下させるようにマンコに出し入れしているうち、気持ちよくなりすぎてまた出してしまった。
さんざん義母から搾り取られて、帰ったのは昼過ぎ。
激怒する妻に平謝りしながら、「実家で飲みにつき合わされてしまって、飲み過ぎて帰れなくなってしまった。」と言い訳に苦労した。
中々納得しないので、その場で実家に電話を掛けて、義母とも話してもらってどうにか妻沈静。

最後、電話を切る前に義母に替わってもらったとき「すごく良かったから今度またシテね!」とひと言。
後々の話でわかったことだが、義母は義父と年齢が一廻りも離れているから、欲求不満になることは予想していたらしく、枕営業で相性が良かった俺なら、義父との営みが無くなったらこうした関係も出来るんじゃ無いか?と思っていたらしい。
実際、義父は糖尿病を患っており役に立たない状況だったようで、枕営業も適当に継続していたが、やはり物足りなさを感じ始めていたようだ。

俺としては、浮気ではなく義母孝行だし、普通の男ではまず体験できない親娘丼が出来て、経済的な援助も貰えるのだから、今の関係は当面続けていこうと思う。

ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01