FC2ブログ
四十代とは思えない張りのあるHカップの爆乳。
いやらしく豊満なカラダで「おばさんだけどコスプレが好きなんです…。」という変わった癖の持ち主。
そして何と言っても三度の飯よりSEXが大好き、という性欲を抑えられないどすけべ美熟女「なつき」さん42歳。
若い男優の濃厚な責めに気持ち良すぎて痙攣しながら我を失い、あげくの果てに大量失禁!
セーラーコスプレイで大興奮!

ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
スポンサーサイト
[PR]

ふくよかな身体とたわわな巨乳が魅力的な三十路妻松倉りかさん。
今までは男に遊ばれるよりも遊んできたエロい人妻。
経験人数は軽く100以上はいっているそうです。
男のツボをしっているりかさんの積極的なセックスに男優も興奮してます!

ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
ぽっちゃりとした身体と甘く可愛らしい顔立ちがそそられる天音まりあさん。
今回はさまざまな洋服を着て彼女の身体を思う存分に楽しませくれます。
唾液をたっぷり含んだお口に太いペニスをジュッポリと咥えてくれるフェラと彼女のヌプヌプと濡れる柔らかい膣口にペニスをねじ込みボリューミーな身体を操りながら最後は膣へと生中出しは必見です。

ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
ぽっちゃり四十路の美恵さん。
「ちょっとだけ前!」とまだ若いと言いたいようです。
バツイチだそうですが、バツイチになったのも「最近じゃないけど昔でもない。」ととにかく濁したがります。
経験人数は10人と少なめなものの、乱交パーティーに参加したことがあるというエッチな熟女です!
男性に手マンされるとあまりのテクニックに「ウマすぎ!」と悶絶!
まだまだ現役のマンコはローターを使うとマン汁がドバッと吹き出します!
すっかり玩具が気に入ったようで手離しません!

ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
先日、暇で暇で何と無く会社の後輩がお勧めしてくれた出会い系サイト『出会えるマッチングサイト』に登録してみた。

案の定だが『大人のお付き合い』と言う援交の隠語で誘ってくる素人売春婦ばかりだったが、その中で2~3件だけは人妻らしき女性の書き込みで、援交ぽく無い内容を見つけたので無料ポイント分だけ遊んでみた。

簡単な挨拶と自己紹介を書いたメッセージを送付すると1件だけ返事が返って来た。

彼女の名前は麻衣子と言い、年下の旦那と社会人と大学生の娘2人との4人暮らしで46才の人妻だった。

何度かメッセージの交換をして楽しい時間を過ごせたが、俺の無料ポイントも少なくなったで、その事を伝えると麻衣子から「会ってもっと話したい」と返信が有った。

上手すぎる話なので『サクラかな?』と思い、自分が動きやすい池袋か新宿での待ち合わせでランチを提案してみた。

すると、早々に新宿待ち合わせOKの返事が返って来た。

早速、待ち合わせ場所を決めて、会う約束をして、こっちはシャワーを浴びて準備。

待ち合わせ場所に、時間の5分前ぐらいについたので、少し離れた場所で彼女が来るのを待つ。

流石に一緒に歩くのが恥ずかしい程のデブスなら、ランチも食べずにホテルに直行してヤリ逃げを決めようと考えていると、決して美人では無いが、私好みの小柄でムッチリとした体型の女性が、待ち合わせの時間に少し遅れて一人の女性が周りをキョロキョロ見渡しながらやってきた。
夫に抱いて貰えなくなったDBBBAを性奴隷に調教01
洋服の上からでハッキリと分かる爆乳を確認して私は『このオンナは絶対に俺のモノにする!』と心に誓い斜め後ろから近づいて、名前を呼んだ。

互いにぎこちない挨拶を交わし近くの飲食店に向かった。

軽くランチを食べながらの会話は彼女も久し振りらしく緊張気味だったが、カクテル風のグラスが2杯目を飲み終える頃には、麻衣子も緊張が解れてきたのか饒舌になり意外なカミングアウトをしてくれた。

「実は昨日もサイトで知り合った人と会ったんです。でも、ヤクザみたいな人で怖くなって、私…逃げたんです。」

小柄で童顔だが、何処にでも居そうな平凡な主婦に見える麻衣子が毎日違う男と会ってるのを聞いて少しビックリしたが聞き役に徹した。

麻衣子は更に饒舌になり、もっとビックリする話を始めた。

「私達夫婦はもう10年くらいセックスレスで…。でも、最近までは何とも無かったのに、急にムラムラして来て…。でも今さら主人にも言えないし、独りエッチではもう我慢出来なくて昨日会ったんです。」

切々と語る麻衣子の顔は真剣そのもので嘘をついてる風でも無かった。

「じゃあ、昨日の人が怖く無かったらセックスしてたの?」

「…たぶん」

「私は怖い?」

「全然怖く無いですよ。それより優しそう(笑)」

「じゃあ、今から麻衣子さんのオマンコを犯して良いんだよね?」

「…はい…私で良いなら…」

少し顔がピンクに染まっているのは、アルコールのせいだけでは無いと確信した。

饒舌だった麻衣子もホテルの部屋に入ると黙り、オドオドして挙動不審だった。

「今日で浮気何回目なの?」

「…初めて。」

「へ~そうなんだ。でも、さっきは昨日も男性と会ったって言ってたよね?」

「あのサイトに登録したのは1週間ぐらい前で、昨日初めて会ってみたんです。」

「でも、ヤクザみたいで怖い印象で逃げたんだ」

「そうなんです。」

「じゃあ、男性経験は旦那さんを含めて何人?」

「4人ぐらいかなぁ。」

ベッドに腰掛けた私の横に座るように、彼女の手を引いた。
聞かれた事は顔を赤らめ素直に答える麻衣子は根っからのマゾ体質だと見抜いた私は、軽い「言葉責め」をするが麻衣子は恥ずかしがるモノの、嫌がる事は無かった。

「だったら今は旦那さん以外のチンポで犯される気マンマンなんだね。」
そう言いながら、右手で彼女の肩をそっと抱き、左手で胸を揉んだ。
ワンピースの上から見た感じではGcup以上はあると確信していたが、実際にはJcupの爆乳は揉み堪え十分。

「あっ。犯されるなんて…。」

「でも、生チンポが欲しくて、我慢出来なくて新宿まで出て来たんでしょ?」

「……。はい。」

「ランチの時も私の顔よりチンポが入ることを想像して、濡らしてたんじゃ無いの?」

「…。そっ!そんな事は無いです。」

「ふ~ん…だったら、そのテーブルに手を着いて私の方にお尻突き出してごらん。本当に濡れていないか確かめるから。」

「そっ…。そんな確かめるなんて…。」

そう言いながらも、言われるまま彼女は素直に従った。

麻衣子のスカートを捲り上げると、薄いブルーでレースのTバックが目に飛び込んできた。

しかも、Tバックは大きなお尻の割れ目にしっかりと食い込み、ビラビラがはみ出ていた。
クロッチの部分を確かめようと、更に尻肉を左右に拡げると、既に淫汁が溢れ股の内側がヌルヌルに成っていた。

「麻衣子さん。嘘を付いてはいけないね。太股にまで垂れ流してるじゃん。オマンコからスケベな汁が溢れているの自分でもわかってたでしょ?」

「ご・ごめんなさい。はい。でも、そんな事、言わないでぇ」

「旦那さんじゃ無い今日会ったばかりの男とランチしただけでマンコからスケベな汁を垂れ流すなんて淫乱なんだね。麻衣子さんは」

そう言いながら、Tバックをずらし、指をマンコへ突き刺し掻き回した。

「ひぃっ!あっあっあああ~ 良いっ!あああ!」

「気持ち良いか?今日初めて会った男にマンコ掻き回されて悦ぶなんて、淫乱じゃなきゃ何なんだぁ?」

激しくマンコを掻き回すとグチョグチョと卑猥な音が奏でた。

「あっあっあっあっあああん は、はい…淫乱ですぅ。ああああ…凄いっ…良い…」

麻衣子の頭は既に振り切れていた。
そのまま掻き回し続けると、膝をガクガクと震わせ床に崩れるようにしてアッサリ逝ってしまい第1ステージは終了した。
床には水たまりが出来ていた。失禁したのだろう。

麻衣子は目を覚ますと全裸で座る俺の1部分だけを虚ろな目で凝視しながら這って来た。

俺の膝の間に体を潜り込ませると迷う事なくチンコを咥た。

“ムシャブリつく”そんな言葉がピッタリ当てはまる。

愛しそうに舐め貪る様に咥えていた麻衣子は遂に我慢出来なったのだろうチンポを求めた。

「もう…だめ…入れたい…」

「何を入れたい?」

「アナタのオチンチンを入れて欲しい…」

「何処に?」

「私のアソコに…」

「アソコじゃ解んないなぁ…。もしかして、淫乱麻衣子のマンコの事か?」

腕を伸ばしてクリを擦った。

「だ、だめ~あっあっ…はいっ!麻衣子のマンコにオチンチンくださいいいっ」

彼女の手を引いてベッド誘導し股を開かせ亀頭を膣口に宛がった。
トロトロの愛液が溢れ出る膣口を突っつき、割れ目をなぞる様に上下にスライドさせ焦らすと。

「あああ…焦らさないでぇ…お願いですっ。奥までお願いしますぅぅ」

「まだゴム付けてないよ。」

「構いません。生が良いです。でも、外に出してください…」

「じゃぁ『生チンポを麻衣子のオマンコの奥まで入れてください』ってお願いシテご覧。」

「お願いします。生チンポください!麻衣子のオマンコに生チンポ入れてください!お願いしますぅぅぅ」

彼女がその言葉を言い終えると同時に、一気に奥までぶち込んだ!

「ひっ!!あっあっあっあああ…いいっいいいっ」

激しく腰を打ち付け麻衣子の経産婦でありながら10年近く異物を挿入していない締まりの良いマンコを責めた。

「あっあっあっあああ…だめ…イク…イク…イクゥゥ…」

「ダメだ。勝手に逝く事は許さないよ。」

彼女が逝きそうになると、そう言ってチンコを抜き、彼女が少し落ち着いたらまた激しく犯す。これを暫く繰り返し、6度目の寸止めをする頃には彼女の逝きたくて仕方ない状態まで来ていた。

「もう、許してぇ~。逝かせてぇ…。アナタのオチンチンで逝かせてぇ」

「麻衣子!」

「はぁはぁ…。は、はい」

「オチンチンでは無い。チンポだ!」

「は、はぃ。生チンポで逝かせてくださいぃぃぃ」

「麻衣子のオマンコの中に出して良いなら逝かせてやるよ…」

「そ、それだけは…ひぃぃぃ~。中はだめぇ~。」
夫に抱いて貰えなくなったDBBBAを性奴隷に調教02

しかし、10年近く男に触れられる事も無く過ごしてきた人妻が、ある日から欲求不満を自覚し自慰でも満たされず、ランチの時ですらペニスが入ることを想像して濡らしているだから、中出しすらOKしてでもペニスで逝く事を優先するのは目に見えている。
既に麻衣子は私の腰を両足でしっかりハサミ、ペニスを抜かせないようにしながら、自ら腰を振っている。
その腰を私はガッチリと両手で押さえ、逝かせないようにすると、遂に最後の箍が外れた。

「もう らめぇ~。良いから…出して良いからぁぁ…。中に出して良いから逝かせてぇぇぇ」

「旦那以外の精子を子宮に出されて良いんだな?」

「あっあ~はひ、良いれすぅ 良いれすからぁ 逝かせてくらさぃ~」

「人妻麻衣子のオマンコに中出しして、孕ませても良いんだな?」

「あっあっあっ…はい…もうダメダメ~いぐう…イクイクあああっ!」

「出すぞっ!出すぞ!出すぞおおおっ!」

「あああ…あ…あ…イク…い…くぅ…」

マンコが“ギュッ”と締まり、強烈な締め付けの後にマンコの中がヒクヒクと何度も脈動して麻衣子は逝った。

俺も締まったマンコの快感に負け子宮めがけ射精した。

マンコの中がザーメンで温かくなると、彼女は大きく弓なりになってもう一段上の絶頂を体験していた。

1度火が着き、中出しでの絶頂を知ってしまった人妻のマンコは凄まじく、毎日麻衣子からチンコをネダる連絡が入った。

それからは、徐々に性奴隷にするための調教を施し、アナル拡張も済んだ頃には麻衣子は身も心も俺中毒になり、心理的な調教の甲斐もあって『性処理専用肉便器の人妻性奴隷』になった。

昼間にLINEで「○時○○分にいつもの場所でマンコ濡らして待ってろ!」と言えば私が買い与えたSM用の赤い首輪を付けた麻衣子が某所の身障者用トイレに全裸で待っていて、俺は有無を言わず彼女の前に立つと、麻衣子は私のズボンのファスナーを降ろし、ペニスを取り出してフェラをし、半勃起状態になるとイラマチオで喉の奥まで呑み込みフル勃起にする。

芯まで硬くなった事を確認した麻衣子は便器に両手を付いて巨尻を私に向けると

「ご主人様どうか麻衣子のオマンコをお使いください。ご褒美にザーメンを沢山オマンコに出してください。」

と言った後は、外に声がバレないようにタオルを噛む。

既に彼女のオマンコは太股まで淫汁を垂れ流しているので、私はヌルヌル・ドロドロのマンコに入れてザーメンをマンコの中に出す。

中に出した後は、麻衣子がお掃除フェラチオで私のペニスを綺麗にしたらトイレを出る。

また、夜中に「出したくなった。」とLINEするだけで、近所の公園やスーパーの駐車場にマンコ濡らしてやって来る。

先月には妊娠したが麻衣子自信の判断で堕胎し、体調が戻ると自ら中出しセックスをネダリに来た程に麻衣子の頭は壊れてしまった。

私が「腹ボテ妊婦とはセックスの経験が無いなぁ」と言ったら、

「今度は堕ろさないから、臨月まで中出しシテください。」と懇願されたので、流石にそれでは旦那にバレるし何度も妊娠と堕胎を繰り返すのは良くないので、婦人科に行かせてピルを飲ませている。

人妻を調教し洗脳して弄ぶ快感は止められない。

旦那さん…アナタの妻麻衣子は俺の精子を全ての穴に注がれ妊娠させられても中出しで犯され逝きまくる俺のザーメン便器女です。申し訳ありませんねぇ…

ご無沙汰熟女とタダマンするなら「出会い系サイト『出会えるマッチングサイト』に登録すべし!
ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
薄いピンクの乳首をした五十路熟女の松村彩子さん。
おっぱいもお腹も大きいDBBBAっぷり!
贅肉たっぷりの豊満でたまらない肉体は涎が出ちゃいますね。
垂れたおっぱいを見せないように自分でおっぱいを抱えて愛撫を受ける姿もイイ感じです。

お風呂でトークした後、早速チンコを洗いながら手コキしてもらいフェラチオ。
部屋に戻ると今度は男優の身体を念入りに愛撫しまたフェラチオ。
挿入後も目が離せません!



ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
見事な巨乳垂れ乳のぽっちゃり四十路熟女、美川しのさん。
最近マゾに目覚めてきたそうで、縛られたい願望があるんだそうです。
得意なのはフェラチオとパイズリで、特にパイズリしながらチンコを舐めるという合わせ技が得意なんだそうです。

服を脱いでもらうとなんと大サービスの羽根つき下着でお尻はTバック!
性感帯は乳首とクリトリスとアナルということで、弄ってみると声が漏れます!
身体つきはまさに熟女!いい感じの熟し方です!網タイツでバックから挿入!


ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01
母と不倫相手との情事を覗き見てしまった息子。
母はそれに気づいておらず、息子がイライラしてるのは受験勉強が上手くいってないせいだと思い込む。
そして、溺愛する息子を励ますのも含めて息抜きさせてあげようと、母は息子の股間に手を伸ばす。
「止めてくれよ母さん」という息子の声も聞かずに、息子のチンポにしゃぶりつき、そのダルダルに垂みきった身体を息子に愛撫させる…。
女優の垂みきった身体がたまらなくそそる母子相姦作品!


ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01