FC2ブログ
安月給で給料日前の週末。予定など入っているはずも無く金欠状態を打破しようと、金曜の夜から競馬新聞にかぶり付いて検討し6Rのガチガチ鉄板レースで大穴を狙うべく、土曜の昼前に自宅を出て場外へ。
一番人気を外して、2番3番人気から広く流した3連単。期待は芝で惨敗続きがダートへ転向した初戦。
結果は…。

まぁこの記事を書いてるんだから、大穴(10万馬券)的中である。
早速換金して風俗直行と思ったが、プロとするのは保険にして、レースまでの間に出会い系のピーシーマックス(PCMAX)で気になっていた掲示板の爆乳人妻にメール。
爆乳人妻のサマーセーターレースが終わる頃に彼女からメールが来ました。
「お願いアリで苺」と言うので人妻のくせに高いなぁ~と思いましたが、写メの爆乳が気になり「サイトに掲載していない写メ送ってくれたら返事する」と返信。

すると5分もしないで口元を手で隠した写メが送られてきた。
ドストライク!結構いけてる!
某駅で待ち合わせの約束して、移動しました。

まぁ掲示板に書き込みするぐらいだから、写メと違う子が来るんだろうと疑いつつ待ち合わせ場所に行きました。
待ち合わせ時間になっても現れず、やっぱりこう言う展開だなと思った時メールが。
「今、着きました。」
見渡すとムッチリとした体型のサマーセーターを着た彼女を発見!
しかも写メ通り本人!セーターでもハッキリとわかる膨らみも本物ぽい!

声をかけると頷く彼女。
自分は既にフル勃起、先走っていました。
じゃあ行こうかぁ~と言い陸橋の側のホテルへイン。
今日は意外と混んでいて空いていたのが高い部屋のみだが、懐は余裕があるし、おっぱいを早く拝みたくてそこに決めました。

部屋に入ると彼女が「お風呂入れようか?」と聞いてお風呂に行きました。彼女、プロ?慣れてる感じ。まぁ今更詮索しても仕方ないし、楽しめばOK。
私はテーブルの上に灰皿で押さえて約束のお金を置きました。

お風呂場から帰ってきた彼女は、チラッと視線を落としただけで、お金のことには触れませんでした。

お風呂が貯まるまで世間話、巨乳をモミモミしながらしていました。
お風呂が貯まって「お風呂行こう」って言うので一緒に行きました。
上着を脱ぐとマジ爆乳!30過ぎだけど垂れてない!勿論、その他も肉付きは良すぎる程だが、デブ専とは言わないが豊満好きな自分はドストライクの体型。

自分もサッと脱いで後ろからおっぱいモミモミ。
「そんなにおっぱい好きなの(笑)」って言われてしまいました。
お風呂で洗いっこしてる時もモミモミ。
湯船に二人で入ってもモミモミ。

時々ピクッと反応してる彼女が「おっぱいで、シテあげようか?」と言うので湯船に座りパイズリフェラ!
AV女優の巨乳パイズリは気持ちよいとは思わないのだが、フル勃起の息子がおっぱいで隠れてしまうぐらいの爆乳!
爆乳人妻のパイズリしかもいつの間にかローションも付けられていたので、不覚にも我慢出来ずに出してしまいました。
「いっぱい出たね~、若いからまだ出来るでしょ」と言われ「ハイ!」って答えました。
体を拭いている時も後ろからおっぱいモミモミ。この時にはもう回復していてお尻にスリスリしてました。

ベッドに移動しておっぱいを堪能していると彼女も息遣いが荒くなり「私のもお願い!」って言われて、手でマメちゃんを触ると毛が無い事に気付いた。
「パイパンなの?」って聞くと「今頃気付いたの(笑)、おっぱいしか興味無いんだ~(笑)」って笑われました。
一緒に風呂に入ったのに気づかないのだから、そう言われても仕方ない。

パイパンのあそこはエロくて、しかも超濡れてる。
「凄い濡れてるよ。溢れてる。」と言うと彼女は「生理前だからね。」と言いました。

完全回復したので、挿入しようとすると「良い人そうだから着けなくてもいいよ。」と言われ、病気とか大丈夫なのか考えたけど、こんなチャンス二度と無いと思い、思いっきり生挿入。

生はやっぱり気持ちいい。二回目も直ぐに逝きそうになってしまった。
彼女も声を出して感じまくっているみたい。
そろそろヤバイなと思い「出そう!」って彼女に言ったら、腰に足を回してきて「そのまま出してぇ~」叫んでいます。

その言葉を聞いたら、我慢など出来ません。腰のピストンを更に激しくして中出ししてしまいました。
彼女も「あー!」と言って全身をビクッビクンッとさせながら逝ったみたい。
最後の一滴まで彼女の中に出し、離れると彼女のあそこから『たら~』とザーメンが出て来ました。
爆乳デブ人妻に中出し彼女はそのまま寝ちゃったみたいで動きません。
自分はコーヒーを入れベッドで寝ている彼女を眺めていました。寝顔が可愛い。

自分もウトウトしていたら、彼女が起きて「シャワー浴びて来るね」と言ってお風呂に行きました。
自分は彼女の後を追いお風呂場に行きシャワーを浴びている彼女の後ろから挿入、彼女も満更でもなく壁に手をついて声をあげていました。

三回目は中々逝かないので彼女のポイントを探りながらピストンを繰り返し彼女を逝かしました。
「もうダメ、死んじゃう。あ~また~」お風呂場に彼女の声がこだまして、自分もフィニッシュしました。彼女は床に崩れ落ち痙攣してるみたいでしたが自分の方に振り向くとお掃除フェラをしてくれました。

これでお別れするのも惜しいので、ライン交換を提案すると、「また誘うね。」とあっさりOK。そして「このお金は返すね。お金貰ってSEXしたくないし…。」と言ってくれました。
それ以来、生理前には中出しSEXに誘われます。そして、彼女の生理前は給料日前であることが多い私の代わりにホテル代も彼女が支払い、逆に私に「お給料日までこれで足りるよね?」と言ってお小遣いを渡してくれます。

こんな美味しい事がある出会い系サイトはピーシーマックス(PCMAX)です。
しかも、三十路、四十路の人妻・熟女狙いがベスト。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]


ブログパーツ
是非クリックにご協力ください。→→→adultblogranking_DBBBA_01